• Haccp WATER

【その2】次亜塩素酸ナトリウム vs 次亜塩素酸水

前回の続きで、今回は効果です。


次亜塩素酸水の販売サイトでは


次亜塩素酸ナトリウムに比べて○○倍除菌効果が高い。


この様に書かれていますが、あれは何を根拠にしているかというと

作用する成分が違う点からです。


次亜塩素酸水の中には、2つの酸化力を持つ成分が主に含まれています。

1,次亜塩素酸(HOCl)

2,次亜塩素酸イオン(Cl⁻)


この2つの成分は「酸化力」が大きく違い

加えて、含まれる量が変化します。


先ず、効果を発揮する酸化力ですが、

その力をイメージで表すと、

次亜塩素酸>>>>>>>>>>>>次亜塩素酸イオンぐらいです。

その差は数倍〜数十倍ともいわれています。


次に、2つの成分は溶けている液体のpH影響を受け

溶存率が大きく変化します。


アルカリ性→次亜塩素酸イオン(Cl⁻)が多い。

酸性→次亜塩素酸(HOCl)が多い。

そして、さらに強酸性に傾くと塩素ガス(Cl2)に変化します。


欲しい成分は次亜塩素酸です。

次亜塩素酸は、pH5付近で最大化しほぼ100%となります。

【出典:厚生労働省 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性に関する資料】



このことから、

次亜塩素酸水選びではpHが重要な指標となります。

効果と安全性の高いpH域は5.5〜6.5と一般的に言われています。

このpH域を目安にご購入と利用をお勧めます。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

次亜塩素酸水を選ぶポイント(購入編)

次亜塩素酸水は、正しく利用すれば大変使いやすいもので、 抑えておくべきポイントもそれほど難しいことはありません。 基本的なポイントは、厚生労働省でもまとめられています。 今回はその「購入時」についてご紹介です。 次亜塩素酸水を購入するときのポイント 製品の以下のポイントを確認しましょう。 ① 使用方法 ② 有効成分(有効塩素濃度) ③ 酸性度(pH) ④ 使用期限の表示有無 【出展】厚生労働省・経