• Haccp WATER

アルコール剤とどちらが良いの??

今回もお寄せ頂くご質問から。


「アルコール剤と、どっちが良いですか?」


「断然、次亜塩素酸水です!」


と、次亜塩素酸水の製造元ですから答えたくなるところですが、

どちらにも良いところがあると考えています。


アルコール除菌剤は使いやすい。


一番は「シュッ」と噴いたあとすぐに蒸発してしまうところです。

ここは次亜塩素酸水に比べて本当に便利です。


ただ、いくつか弱点もあります。


「引火性」「効きにくい一部ウイルスの存在」「値段が高い」などです。

特に、毒性の強い代表的な食中毒の原因ウイルスに効果が低いことは、

意外と知られていません。


次亜塩素酸水は、ほぼ水ですから引火性は無く、

殆どの菌やウイルスに無差別で効果を発揮し、

安価です。


一方、次亜塩素酸水の弱点は「保存性が悪い」「取り扱いが若干複雑」「薬機法の認可が無い」などです。


それぞれ一長一短があり、一概にどちらが優れているとは決め難いです。


とはいえ、

ここまではご存知の方も多いのかと。


ところが、これらに加えて最近多くなってきたのが


過敏症でアルコール剤が使えない。。。


というお話です。


アルコールに触れると「皮膚のかゆみ、発疹」「頭痛、気分が悪くなる」「呼吸か苦しくなる」といった症状が出てしまい、時には重篤な症状も引き起こすようです。


突然発症することもあるようで、お酒に弱い人、少量でも飲むと「頭が痛くなる」「気分が悪くなる」といった方は注意が必要なようです。


実際どのくらいの方がお困りなのか?統計は見つかりませんでしたが、検索するだけでも沢山の関連情報がヒットしました。


思い返せば、注射の度に「アルコールのアレルギーはありますか?」と必ず効かれます。


「では、本人がアルコール剤を使わなければ問題なし!!」


とはいかないようで、


コロナ禍、新たな問題も出ているようです。


「他人の使用が原因となる」ケースです。


「換気の悪い室内、バス、電車の中で行われる一噴き」

「店舗・施設の入り口で順番に行なわれる手指消毒スプレー」


周囲の人が行ったアルコール除菌の影響を受け、

これに悩んでいる人が増えているそうです。



自分が行った除菌が、他人に迷惑をかけるかも知れない。


これは、お酒に強い私にとってショックでした。


2020.9.18「NHK報道記事」

https://www.nhk.or.jp/hokkaido/articles/slug-nfbc11fcd22e9


もしかすると、一年前まではレアケースだったのかもしれません。

しかし、この半年間でアルコール除菌がどのくらい増えたか?皆さんご存知だと思います。


大人で悩んでいる方への配慮は勿論ですが「まだ自分がアルコール(お酒)に、強いのか弱いのかも判らない周囲の子供たちへの配慮」も忘れてはならないと考えさせられました。


私の子供が通っている保育園の入り口には「次亜塩素酸水」が毎日置かれています。


単に「アルコール剤が品薄だから」という理由ではなく、小さな子供達に対する配慮からなのかもしれません。


どちらが良い悪いではなく、長所短所を理解して使い分けをしていければよいのかと。


35回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

次亜塩素酸水を選ぶポイント(購入編)

次亜塩素酸水は、正しく利用すれば大変使いやすいもので、 抑えておくべきポイントもそれほど難しいことはありません。 基本的なポイントは、厚生労働省でもまとめられています。 今回はその「購入時」についてご紹介です。 次亜塩素酸水を購入するときのポイント 製品の以下のポイントを確認しましょう。 ① 使用方法 ② 有効成分(有効塩素濃度) ③ 酸性度(pH) ④ 使用期限の表示有無 【出展】厚生労働省・経