• Haccp WATER

オゾンの話

先日こんなニュースが流れてきました。


「除菌消臭器に使われる「オゾン」は安全? 日本オゾン協会にきいてみた」

https://news.yahoo.co.jp/articles/1164715e18eedde9b960f98dcdb21ad02e2dd40d



「オゾン」という名前は

耳にしたことがあると思います。



オゾン層

オゾン浴

オゾン水

など。





オゾン(O3)とは、

酸素原子が(O)が3つ結合したものです。


無色透明で空気より重い気体ですが、独特のにおいがあります。

ギリシャ語の「匂う(OZEIN)」が語源だそうです。


強い酸化力をもち、

除菌(殺菌)、消臭、漂白、工業製品の洗浄去などに用いられています。


除菌剤という点では、

・抜群の効果を発揮しながら、

・残留毒性の心配がなく、

・ふき取りや洗い流しも不要。

また、空気より重い気体のため室内に充満させると、

モノや什器の裏・隙間まで入り込み、隅々まで行きわたる。


この点が長所として上げられます。


反面


・高濃度次第では、人畜とも健康被害がでる。

・極めて不安定で生成後数十分で使い切る必要があり、

水にも溶けますが、アルコールや次亜塩素酸水の様に「スプレ―容器に入れて」と言う訳にはいきません。


あと意外に多いのが

・金属部の錆びです。


オゾン除菌も効果は濃度と時間に比例します。

しかし、気体×不安定×高濃度ではリスクが高い。


といったことで、なかかな使い手を選ぶ代物です。


弊社では取り扱っていませんが、オゾンはコントールできれば

良いものだと考えています。

繰り返しですが「残留しない」というのはのが本当に良いですね。


プロの現場で多く利用されてきました。

その中でも、塩素系と異なる点は

動物にも強く影響することから「食品工場や飲食店などの害虫駆除」



逆に、魚類への影響が低いため

「養殖場の水質管理(殺菌)」などに使われている点が特徴的です。



オゾンに限らず除菌剤には一長一短があります。

それぞれの特性を知り、用途にあったものを選びましょう。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外で『幼い子供を中心に広がっている珍しい肝炎』の件、 ここ数日『アデノウイルスが関係している可能性が高い』というニュースが出始めました。 そのニュースの最後にアナウンサーが 「アデノウイルスには、アルコールが効きません(にくいです)」と 補足している場面をしばしば目にします。 これは、ウイルスには 「エンベロープウイルス」と 「ノンエンベロープウイルス」という 構造の異なる2種類が存在するためで

次亜塩素水関係で、気になるニュースが2つ流れてきました。 【3/7】三重大学 嶋田 千里さんが 日本防菌防黴学会 第48回年次大会にてポスター賞を受賞 テーマ:『シリコーンゴム透過性を利用した非解離次亜塩素酸の抽出と殺菌への応用』 難しそうな内容で、詳しくは書けませんが... 次亜塩素酸水の可能性が広がる発見ということで 受賞おめでとうございます!!! https://www.mie-u.ac.j

花ぐもり 花冷え 桜前線 桜の開花が待ち遠しい季節になりました. 「以前のようなお花見ができる春が早く戻ってきてほしい」と、切に願っております。 その桜満開までのしばらくの間、スギ花粉のピークがやってきます。 一転、憂鬱な季節ですね。 日本気象協会の花粉飛散情報では、関東以西地域は「非常に多い」という予報が出ていました。 規則正しい生活で免疫機能を正常に保つ。 マスクなどの防護をする。 手洗い洗顔