• Haccp WATER

吉村知事のツイッターから


1月19日 大阪府の吉村知事がツイッターで、


「大阪には5500もの歯科医院があるが、

クラスター発生はゼロ。感染対策の賜物と思うが、


何かある。何か?


専門家には、是非分析してもらいたい。」


とつぶやかれています。

(1/ 19吉村知事ツイートへ



それに対して色んな見解も出ています。


「衛生管理・感染対策を徹底している結果」

「診療を見合わせ、患者数が減ったから」

「歯磨きはじめ、口腔衛生が感染予防の要」


などなどですが、


「次亜塩素酸水の利用」という声もあります。


歯科業界は、コロナ以前から”口腔洗浄”など、特に「次亜塩素酸水」が浸透している業界です。

試しに、ネットで「歯科医院 次亜塩素酸水」と検索してみてください。

全国の歯科医院で、次亜塩素酸水が数多導入されていることが

お分かりいただけると思います。※2


次亜塩素酸水は、どうしても否定的な一部報道や専門家の意見が

目立つ流れが続いています。


しかし、


医療の現場でしっかりと根付いている事実や歴史も世の中に広がり、

正しい利用が促進されればと切に願っています。



※1、大阪府内において

※2、医薬品、医療機器等の認可を得た次亜塩素酸水

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

次亜塩素酸水を選ぶポイント(購入編)

次亜塩素酸水は、正しく利用すれば大変使いやすいもので、 抑えておくべきポイントもそれほど難しいことはありません。 基本的なポイントは、厚生労働省でもまとめられています。 今回はその「購入時」についてご紹介です。 次亜塩素酸水を購入するときのポイント 製品の以下のポイントを確認しましょう。 ① 使用方法 ② 有効成分(有効塩素濃度) ③ 酸性度(pH) ④ 使用期限の表示有無 【出展】厚生労働省・経