• Haccp WATER

噴霧でコストダウン

しばらく前のニュースですが、サッカースタジアムの観客席を、

ドローンで消毒する試みが報じられていました。


【朝日新聞デジタル】

https://www.asahi.com/articles/ASP5W750JP5VTNAB002.html?iref=pc_photo_gallery_bottom



記載はありませんが、おそらく次亜塩素酸水だと思います。


(写真はイメージ)


空間噴霧…と言えば、

昨年のNITE・経産省・厚労省の発表がよぎります。


この件については、ここでは詳しく触れませんが、2点だけ。


上記の内容では、

・空間噴霧を禁止しておらず、

・「(言及しているのは)人が吸い込みやすい有人環境下において」です。


話は戻りますが、

このドローンを使った消毒の検討が広がればよいと考えています。


そう考えるポイントはいくつかありますが、ここも2点だけ。

・除菌消毒作業のコストダウンにつながる

・導入が容易

この2点です。


まず「コストダウン」は分かりやすいかと思います。


身近な施設でも、人が入れ替わる際に行われる消毒作業に出会う機会が多くなりました。


利用する側はありがたいのですが、

実施する側にとっては大変な作業だと思います。


一昨年まで必要なかった作業です。

人員も時間も余計にかかります。


しかも「次を待たせないよう」迅速に行わなければならない。

このような広大な施設であればなおさらです。


ただでさえ利用者・顧客が減り、制限がかかる中で負担でしかありません。


2点目は、

「ドローン・オペレーター・次亜塩素酸水」がそろえば、その日からできる点です。


ドローンの機体以外、大きな設備投資が思いつきません。


しかも、次亜塩素酸水であれば引火の心配がなく環境負荷も低い。

次亜塩素酸水はこれまで多くの場所で散布されてきましたが、(私の知る限り)重大な事故例を聞いたことがありません。


勿論、適正使用と幾つかの留意点を守る前提ですが、

これは現実的手法ではないかと思います。









閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外で『幼い子供を中心に広がっている珍しい肝炎』の件、 ここ数日『アデノウイルスが関係している可能性が高い』というニュースが出始めました。 そのニュースの最後にアナウンサーが 「アデノウイルスには、アルコールが効きません(にくいです)」と 補足している場面をしばしば目にします。 これは、ウイルスには 「エンベロープウイルス」と 「ノンエンベロープウイルス」という 構造の異なる2種類が存在するためで

次亜塩素水関係で、気になるニュースが2つ流れてきました。 【3/7】三重大学 嶋田 千里さんが 日本防菌防黴学会 第48回年次大会にてポスター賞を受賞 テーマ:『シリコーンゴム透過性を利用した非解離次亜塩素酸の抽出と殺菌への応用』 難しそうな内容で、詳しくは書けませんが... 次亜塩素酸水の可能性が広がる発見ということで 受賞おめでとうございます!!! https://www.mie-u.ac.j

花ぐもり 花冷え 桜前線 桜の開花が待ち遠しい季節になりました. 「以前のようなお花見ができる春が早く戻ってきてほしい」と、切に願っております。 その桜満開までのしばらくの間、スギ花粉のピークがやってきます。 一転、憂鬱な季節ですね。 日本気象協会の花粉飛散情報では、関東以西地域は「非常に多い」という予報が出ていました。 規則正しい生活で免疫機能を正常に保つ。 マスクなどの防護をする。 手洗い洗顔