• Haccp WATER

夏本番、お手元の次亜塩素酸水は大丈夫ですか?


次亜塩素酸水は、

製造日から徐々に有効塩素濃度(←これが除菌・消臭力の要)が

低下していきます。


「弱酸性」に調整した次亜塩素酸水は長期保存に向きません。

不安定が故、高い除菌・消臭効果を発揮する表裏の関係にあります。


さらに、時間の経過に加え、このスピードを速める要因があります。



高温と紫外線です。



夏場の高温と強い日差しは大敵です。



この季節、うっかり日の当たるところに放置してしまうと、

1日で殆どの塩素が分解されることもあり得ます。


次亜塩素酸水は直射日光を避け、

高温にならない場所で保管しましょう。





そして、昨年のコロナ禍で「初めて次亜塩素酸水を購入した」方も多いと思います。

今一度、お手元の次亜塩素酸水の「製造年月日」を確認してみてください。


もし半年以上経過していたら、

塩素濃度が大きく低下している可能性があります。


買い替えをお勧めします。


因みに、弊社では製造から「希釈用原液で3カ月以内」の使用をお勧めしています。

(希釈後は1カ月以内)


「タブレットは、溶かす前なら1年」と長期保存が可能です。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

海外で『幼い子供を中心に広がっている珍しい肝炎』の件、 ここ数日『アデノウイルスが関係している可能性が高い』というニュースが出始めました。 そのニュースの最後にアナウンサーが 「アデノウイルスには、アルコールが効きません(にくいです)」と 補足している場面をしばしば目にします。 これは、ウイルスには 「エンベロープウイルス」と 「ノンエンベロープウイルス」という 構造の異なる2種類が存在するためで

次亜塩素水関係で、気になるニュースが2つ流れてきました。 【3/7】三重大学 嶋田 千里さんが 日本防菌防黴学会 第48回年次大会にてポスター賞を受賞 テーマ:『シリコーンゴム透過性を利用した非解離次亜塩素酸の抽出と殺菌への応用』 難しそうな内容で、詳しくは書けませんが... 次亜塩素酸水の可能性が広がる発見ということで 受賞おめでとうございます!!! https://www.mie-u.ac.j

花ぐもり 花冷え 桜前線 桜の開花が待ち遠しい季節になりました. 「以前のようなお花見ができる春が早く戻ってきてほしい」と、切に願っております。 その桜満開までのしばらくの間、スギ花粉のピークがやってきます。 一転、憂鬱な季節ですね。 日本気象協会の花粉飛散情報では、関東以西地域は「非常に多い」という予報が出ていました。 規則正しい生活で免疫機能を正常に保つ。 マスクなどの防護をする。 手洗い洗顔