• Haccp WATER

有機・減農薬栽培でも活躍

特定農薬という言葉をご存知ですか?


農水省の公式ページには以下のように定義付けられています。

「その原材料に照らし農作物等、人畜及び水産動植物に害を及ぼすおそれがないことが明らかなものとして農林水産大臣及び環境大臣が指定する農薬」とされており、

天敵、重曹、食酢、エチレン、電解次亜塩素酸水があります。


因みに2002年に農薬取締法の中に設けられたものです。


そうです、次亜塩素酸水※は有機(オーガニック)栽培に使えるモノなのです!!!

(※現在は製法・原材料に規定があり「塩酸または塩化カリウム水溶液を電気分解して得られた物」とされています。)


そんな次亜塩素酸水の農業活用に着目した、秋田県立大学(院)の伊賀 優実さんが、「弱酸性次亜塩素酸水の水稲種子伝染性病害に対する効果」という研究タイトルで

日本植物病理学会学生優秀発表賞を受賞されたそうです。


おめでとうございます!!!


【秋田県立大学関連WEBサイトへ】

https://www.akita-pu.ac.jp/kenkyuseika/kenkyuseika2021/6819


WEBサイトの主旨説明にこのような件があります。

「次亜塩素酸水(中略)医療分野ではすでに防菌剤として使用されていますが農業分野では(後略)」


そうなんです、イチゴや、葉物を中心に農業の現場でも広がりつつありますが、まだまだ認知は低いです。。。




一般の農薬使用においては「環境負荷、薬剤耐性(菌)が生まれる、生産者の散布時暴露」などの作物の品質以外にも課題があります。



こういった農業現場の課題を、次亜塩素酸水が解決していく世の中になればと考えています。



ところで、伊賀 優実さんのニュースを見て私が一番うれしかったことは、

若手研究者が次亜塩素酸水に可能性を感じ、研究テーマとしていただけたことです。


伊賀 優実さんはじめ、多くの研究者に「次亜塩素酸水の可能性と安全性」を追求頂き、

科学的な裏付けを持って、次亜塩素酸水が世に広がっていくことを願っています。


伊賀 優実さんおめでとうございました!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期のカビ予防

天気予報では、今週は本格的な梅雨空が続き 雨の日が多くなりそうですね。 梅雨といえば洗濯物も乾きにくくなりますが、 家の中のカビも増える時期です。 キレイに洗っても、また出てくる。。。特に水回り。 そんな時は、次亜塩素酸水を活用してみてください。 お風呂上り、カビの発生ポイントへシュッと一吹き。 洗剤と違って洗い流す必要もなく、手軽に予防ができます。 ぜひお試しください。

ノロウイルスがじわじわと

今、ノロウイルスがじわじわと出ているようです。 2枚貝での食中毒事故が時々報じられますが、例年ピークは秋〜冬場です。 それが4月頃から、じわじわと出ています。 一説には「アルコール除菌で十分」と、 手洗いなど基本的な予防策がおろそかにされているのでは? という見方もあります。 【参考】 6/2NHK NEWS WEB(北海道) (文中)【なぜことし増加?】 https://www3.nhk.or.