• Haccp WATER

試験紙プレゼント

年末、消費者庁からいくつかの除菌剤商品に

処置命令が出されました。


「塩素濃度が表示に対して著しく低い」と言うものです。

中には濃度表示すらないものもあったようで。。。


「次亜塩素酸水を選ぶ際は有効塩素濃度とpHをしっかり確認してから選びましょう」

経産省・厚労省などから再三言われていることで、

いまだにこのようなことが起こるのは同業者として大変残念です。


塩素濃度は目で見ても分かりません。

弊社では毎回の出荷時に有効塩素濃とpHを計測器で計測しお届けしておりますが、

より安心してご利用いただくため弊社製品をご購入のお客様で、

ご希望の方に塩素濃度試験紙を

プレゼントいたします。


有効塩素濃度を測る方法はいくつかありますが、

今回は手軽に測定できる試験紙をプレゼントいたします。


ぜひお手元で弊社製品の性能をご確認下さい。



塩素濃度試験紙プレゼント企画

・期間:2021年1月13日ご注文分〜2021年4月30日ご注文分まで。

・対象:ハセップウォーター(希釈用原液/タブレット)ご注文のお客様

・内容:試験紙1枚/カラーゲージ(コピー1枚)

・お申し込み方法:商品ご注文の際「試験紙希望」とお申し出ください。

※カラーゲージはコピーとなります。予めご了承ください。


使い方は、試薬を液に入れて色で濃度が分かる簡単なものです。



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

次亜塩素酸水を選ぶポイント(購入編)

次亜塩素酸水は、正しく利用すれば大変使いやすいもので、 抑えておくべきポイントもそれほど難しいことはありません。 基本的なポイントは、厚生労働省でもまとめられています。 今回はその「購入時」についてご紹介です。 次亜塩素酸水を購入するときのポイント 製品の以下のポイントを確認しましょう。 ① 使用方法 ② 有効成分(有効塩素濃度) ③ 酸性度(pH) ④ 使用期限の表示有無 【出展】厚生労働省・経